ジオットの流儀

主にポケモンに関する記事などをあげてます

パワポケ 時間改変

時間改変の種類

1.過去が変化したことによって、未来が変化するケース

 

最も有名と思われるパターン 矛盾も多い

f:id:Syndr:20190824124240g:plainf:id:Syndr:20190824124232g:plain

過去に戻って歴史を改変した→歴史が変われば、過去に戻る必要がなくなる

→過去に戻る必要がなくなれば、過去に行ったという行為もなくなる

同一時間軸と捉えた場合に起きる矛盾

同一時間軸でこのような矛盾が起きた場合は、出来事による影響がなかったことになり、人々の記憶から消えさるケースなどがある

f:id:Syndr:20190824124843g:plain

過去に戻って人物が消失した場合(パワポケでは歴史が変更を嫌う性質のため異なる)

元の時代にいた人物が突然消失し、その人物が関わった出来事が無かったことになるケースなどが存在する

 

2.過去が変化することによって、パラレルワールドが存在するケース

 

1と同様のケースで別の時間軸(パラレルワールド)が存在するケース

f:id:Syndr:20190826134524g:plain

パワポケはほとんどがこれにあたる

ストーリーのエンドが複数存在する展開の説明が存在しているものは、ほとんどがパラレルワールドが存在するって考えでいいかも

 

3.過去を変化させようとするまでが、予定通りの行動のこと

 

「人は皆、決まった運命に導かれる」という考えから生まれたもの

過去改変を行うまでが運命となっているもの

まどマギだと、ワルプルギスに敗れたまどかを助ける(魔法少女にさせない)ためにほむらが時間遡行を繰り返すもまどかは何かしらのケースで魔法少女になってしまうみたいな感じ(最終的にまどかがワルプルギスを倒すので時系列を繰り返すループが存在しなくなるケース)

「自分の知っている歴史」(現在の時系列)にするために過去を修正する神のみぞ知るセカイもこれにあたる(未来が確定しているため珍しいケース)

  

4.過去を変化させても未来が変わらないケース

 

f:id:Syndr:20190824031057g:plain

3と似た概念 1を批判した形に近い

歴史は変更を嫌う性質と同じ

パワポケでの境界線は、未来を変更できる力を持っている者や未来についての知識をもったものの行動が起きた場合に、歴史が変更されるのではないかと予想

下記記述の靖子のイベントでも、歴史が変更されている

 

靖子が存在していた世界(3,4のケース両方)

f:id:Syndr:20190825111956g:plain←未来から来た13主人公の孫

靖子が存在していた世界では、ピースメーカーによって人類が半数以上滅亡してしまった 滅亡する未来を変えるべく、この世界でタイムマシンを創った梅沢教授が過去に人間を送り、過去を改変する計画だったが、靖子が勝手にタイムマシンを動かし、現代に「世界を救う人」を送れなくなった(この世界のタイムマシンは過去に一人しか送れない)

靖子が子供の頃、13主人公がおじいさんの頃に泣いていた理由を知るために過去に戻る

(ウダマニュラの人形を見て泣いていたのと靖子と歩いているときに泣いていた2つのパターンが存在している)

 

 f:id:Syndr:20190825111956g:plainf:id:Syndr:20190827162108g:plainf:id:Syndr:20190825111738g:plain

靖子が過去に帰ろうとするルートの場合(人形を見て泣いていたケース)

「世界を救うため」の人を未来に送るために、未来に戻って自分を過去に行かせないようにするが、コールドスリープを使って未来に戻ろうとするところをホンフーに見つかり殺害される(梅沢教授も殺害される)

靖子が来た未来によって、ジオットがピースメーカーを使ってカタストロフを計画が成功することを知る しかし「先の事が分かってしまうんじゃつまらない」という理由で計画は中止となる 結果的には「世界を救う人」を未来に送る必要がなくなる

 

まとめ

過去に戻った靖子が、13主に出会う→主人公と付き合う→誕生日にウダマニュラの人形をもらう→靖子が未来から来て主人公の孫だと説明する→未来を変える必要があるため過去に戻ることを決意し、13主と別れる→過去に戻ろうとしたがホンフーに殺害される→13主が結婚して孫の靖子が誕生する→おじいさんになった13主がウダマニュラの人形を見て泣いていた理由を知りたくて靖子が過去に戻ろうとする 

 

無限ループ発生(この場合の泣いていた理由は靖子が過去に戻り会えなくなった悲し泣き)

 

f:id:Syndr:20190827170807g:plainf:id:Syndr:20190825111956g:plain

靖子が過去に戻らないルートの場合

靖子と13主と結婚する(大丈夫かこれ)

靖子が未来から来たことを13主に説明した日記(未来の13主が高校生の頃に書いていた日記)を処分し、靖子が過去に行くことを阻止しようとした

産まれた孫の名前も靖子と名づける(?) 処分したはずの日記は結果的13主の高校の頃のチームメイト?によって孫の靖子の手に渡ってしまう

(この日記は靖子が未来から持ち寄った日記)

 

まとめ

過去に戻った靖子が、13主に出会う→13主は高校で起きた出来事を日記に書いていた(日記A)→未来からきた靖子が13主がおじいちゃんの時に持っていた日記(日記B)を用いて未来から来たことを説明→13主と付き合う→13主と靖子が結婚して靖子と名付けた孫が誕生する→13主は靖子を過去に行くのを防ぐため日記Aを処分する→13主が亡くなる→日記Bが13主の知り合いと思われる人に発見されて、孫の靖子の手に渡る→靖子と歩いているときに13主が泣いていた理由を知りたくて靖子が過去に戻ろうとする

 

無限ループ発生(この場合の泣いていた理由は孫の靖子が幸せそうなことと、靖子が過去に帰るリスクがなくなったことによる嬉し泣き)

この世界では、歴史が変更される要因が存在していないので、カタストロフによる人類の破滅が起きたと思われる

 

時間改変の種類は大体こんな感じのはず

これは過去や未来どこに焦点を当てた時間改変の話なのかを注目しながら作品を見ると面白いかも