ジオットの流儀

オリジナルの型のポケモンを使った構築記事などを紹介

シーズン6使用構築 定数ループ [2002]

今シーズンは序盤から終盤にかけてモチベも上がらず面白いパーティも特に思いつかなかったので色々無理はあるけどラッキー入りでひたすら受け回すパーティを使ってみようとしました

結果は 

最高 2002 

最終 189× となりました 

 

主に最終日に上げた形ですがプレミも多く集中力も足りなかったのでこの結果でも上振れと感じたレベルでした

f:id:Syndr:20171110104011p:image

 

 〜パーティ紹介〜

パーティのコンセプトは誰からでも毒を撒いて残数を残しながら詰めるような立ち回りが出来るように目指しました

 

メガプテラ 意地

f:id:Syndr:20170913002521p:plain

4-252-0-0-0-252

エッジ 氷牙 地震 追い討ち

前期と比べてカバ展開が楽になってゲンガーが重くなったので挑発を追い討ち

 

グライオン 陽気 @毒玉

f:id:Syndr:20170913002336p:plain

212-0-0-0-68-228

地震 毒 身代わり 守る

前期と同じ最速ランド抜き

このポケモンプテラ以外の裏の組み合わせで霊獣ボルトをみる立ち回りをしていました

 

メガヤドラン 図太い

f:id:Syndr:20170924144827p:plain

252-0-252-0-4-0

熱湯 冷B 毒 怠ける

身代わりと交代で冷Bを枯らそうとしてくるマンダや裏の特殊アタッカーに刺しにいくためと

ドビドイデ+ラッキーの出し方でPPを枯らしにかかったり定数ダメで倒す選出が出来る相手に対してより勝率を上げるための技という認識で毒を採用しました

 

ラッキー 図太い @輝石

f:id:Syndr:20170913004423p:plain

44-0-252-0-212-0

投げ 毒 ステロ 産み

ステロ込みのサイクルをしたかったためパーティの組み始めとなったポケモン 鋼に起点にされて負けるケースは受け回し軸のパーティどうしても無理と悟った

 

ギルガルド 穏やか @残飯

f:id:Syndr:20170913003251p:plain

212-0-92-4-180-12

シャドボ 毒 身代わり キンシ

テテフ受け兼ガッサなどの誤魔化し枠 グライで毒を入れてから早いグロパン持ちのガルーラなどに交代してサイクルをするための霊枠としてもかなり優秀でした

 

ドビドイデ  図太い@氷Z

f:id:Syndr:20170912214918p:plain

252-0-252-0-4-0

熱湯 毒 黒い霧 再生

シーズン1以外採用となった技構成もずっと変わらないままのポケモンです 挑発持ちや剣舞ミミッキュなどの切り返しとして氷Zが理論上やはり必須と感じました

 

 選出パターンは

ラッキー+ドビドイデ+@1

のような出し方が多かったです

ガルドとプテラの選出機会が限られて選出率が偏りました

 

SM環境の中盤までは変なポケモン使ってふざけてましたが最後に強い(変な)パーティを思いつかなかったのが発想力が低下したかなと思いました

USMでは教え技も増えるのでまた変なことを考えていきたいです