ジオットの流儀

主にポケモンに関する記事などをあげてます

リザードン対策本部

ガリザードンという受け回しを使うにあたっての天敵がいます XYどちらか判断するのが困難で受け回しで最も使われるドヒドイデでさえも性格補正がかかったメガリザードンX剣舞逆鱗で確1を取られるので後出しが安定しないというのが現状です
ではXを後出しから処理出来るあわよくばXY両方を後出しから処理出来るようなポケモンを探していきましょう

ケンタロス 陽気 @岩Z 威嚇

f:id:Syndr:20190606222647p:plain
4-220-100-0-0-180
恩返し エッジ アイへ 地震
A 岩Zで無振りメガリザードンX確定
S 最速リザードン抜き

まずは対リザードンで有名どころのケンタロス
威嚇を撒けるため後出しで龍舞のケアが出来るかと思いきやこの努力値配分にしても±0の特化逆鱗でちょうど乱1(50%)になってしまう残念な部分が見えてしまう
残りの技はミミッキュなどを意識した技構成にすることが可能というか大して入れたい技が見当たりませんでした


*Aペルシアン
臆病 @岩Z ファーコート

f:id:Syndr:20171204204104p:plain
4-0-112-252-0-140
猫騙し パワージェム イカサマ 捨てゼリフ

猫騙しでリザがどちらのメガなのかを判断して岩Zで倒せるようにした型 Aペルシアン側は基本的に捨てゼリフが安定となる場合が多いのでそれを逆手に取ったインテリジェンスさが現れてます
火力は猫+岩Zで無振りリザXが倒せるレベル 臆病のため猫騙しのダメージが9〜11しか入らないのがとても悲しい
耐久面は+1無補正逆鱗が中乱数になるくらい
無補正のニトチャ+逆鱗もほぼ耐えるがそんな型居ないから大体死ぬ

ここまでの2体や他のポケモンを考えた場合
剣舞逆鱗が受からないorニトチャからフレドラor逆鱗で死ぬ
またリザYに対応しにくいという問題が多々発生しました

ファーコートや威嚇など特性頼りにしないと厳しいと思い色々探した結果
後出しからほぼ全てに対応出来そうなポケモンとその型を発見しました

ジーランス 陽気 @スカーフ 頑丈

f:id:Syndr:20190606222816p:plain
28-252-4-0-0-212
諸刃 滝登り 封じ 地震

ほぼ全てのメガリザの後出しを可能にしたポケモン S上昇技以外なら上から諸刃でH252メガリザXまで確一 龍舞逆鱗は頑丈で耐えることができニトチャ+逆鱗は確定耐えのため返しの諸刃で倒せます
問題はリザYだった場合のニトチャ+ソラビのみなので裏にリザYを受け出せる駒がいるだけで良いので大分楽になります
ではメガシンカをされずにニトチャを打たれた場合に判別がつくのでしょうか?調べてみましょう

非メガ状態のリザードンのニトチャのダメージ
下降補正無振り 6〜8 ダメージ
補正あり252振り 9〜11ダメージ

上がリザY 下が剣舞リザX想定となっています
上記の通りダメージで型判別も可能になっているため後出しがより一層安定となります
鬼火は避けるのでこいつで完璧ですね

取り敢えずこの3体が他に仕事が出来る点や居座れやすい点などが優れているためより万全な対策なのでは無いかと思いました 特にジーランスは色んな型を想定した場合にも安定となるのでリザードン対策に困っている人は今一度使ってみてはいかがでしょうか?